前へ
次へ

不動産購入における分譲物件と仲介物件の違い

不動産の購入において知るべきこととして、分譲物件と仲介物件の違いがあります。
購入するための流れがそれぞれで異なる部分があります。
分譲物件とは、売り主である不動産会社から直接購入する物件のことを指します。
つまり、新築のマンションの購入などが該当します。
仲介物件は、売り主が不動産会社に仲介の依頼を行い、販売している物件のことです。
仲介の依頼を受けて販売していることから、購入の際には物件の価格だけでなく、仲介の手数料が必要となります。
仲介手数料は不動産会社により異なるので事前に確認しておく必要があります。
なぜならば、不動産の購入においては長期的な資金計画が必要となるからです。
中古のマンションなどを購入する場合は仲介物件であることが多いです。
仲介物件を購入する場合には、信頼できる不動産会社を見つけることがポイントとなります。
時間をかけて探すためにも、早めの行動がポイントになることはもちろん、情報を整理する必要もあります。

Page Top