前へ
次へ

建築基準法上重要になる4メートルの道路の意味

新たに新興住宅地が整備されるときには建築基準法に則った区画が整備されその上で宅地が決められていきます

more

セットバックされた部分の所有権はどうなるか

土地を持っていてそこに住宅を建てるとき、建築基準法上は4メートル以上の道路に接する必要があります。<

more

土地の活用というのは難しいことが多い

土地を持つ資産家というのは世の中に結構いたりするのですがうまく活用できているのかと言うと何となくかし

more

不動産は相続税対策になったりします

相続税対策というのは色々とあるのですがその一つに不動産で相続税対策をするということがあります。
土地活用をするということによって少しでも税金を下げようというようなことができたりします。
そもそも空き家にはかなりの税金がかかってしまうということがあります。
ただし空き家にアパートやマンションを建てておけば全てが相続税対策になるのかと言えばそうでもないです。
空き家がないからこそ節税になるということにもなりますので運用がしっかりとされてこそ意味があるということになります。
また建築費の返済が終わっていて全室が個室というような場合においては更地評価ということになってしまうので相続税対策どころかむしろ高くなってしまうということがあるわけです。
きちんと運用できるかどうかということが重要なポイントになりますので何でもいいから土地があればそこに建物を建てよう、ということでは失敗してしまうわけです。
これは注意しておくべきことです。

新しい便座の設置場所への出張見積もりを無料で行っています

ネットでお部屋の中の様子を見学できます

愛知であなた好みのマンションリフォームをしてみませんか?

耐候性・耐久性としても優れた建物を実現できます
大型地震・台風の際も安心ですし、通常の鉄筋コンクリート製の建物よりも耐久性があります。

外気の影響を受けないため省エネにも優れています
外の暑さや寒さを断熱することが可能なため、気温の影響を受けることなく1年中快適に過ごせます。

Page Top