前へ
次へ

セットバックされた部分の所有権はどうなるか

土地を持っていてそこに住宅を建てるとき、建築基準法上は4メートル以上の道路に接する必要があります。
古い基準では4メートル以上と定めていなかった時もあるので、4メートル未満の道路に接している土地もあるはずです。
しかし新たに建てるときには基準を満たさないと建てることができません。
では建てるためにはどうするかですが、道路の幅が4メートルになるようにセットバックを行う必要があります。
道路の中心から2メートルの位置までは道路があるとして、そこには住宅の設備は設置できず道路になります。
しかし土地を購入するときはセットバックする部分も含めて購入するときがあります。
セットバックをするとその部分には道路が設置されますが、その部分の土地の所有権は何もしなければ元の持ち主のままになります。
このときにはその部分は私道扱いになるでしょう。
どうせ建物を建てられないからと、国や市などにその部分を売却することもできるので交渉してみましょう。

Page Top