前へ
次へ

土地というのは持っているだけではなく

資産の組み替えというのがそれなりに不動産でもできるようにはなっています。
すでに土地を持っているだけで財産になるというような時代は終わっております。
ですからより収益性の高い土地に帰るということのために売却して買い換えてしまうというようなやり方も良いとは言えるでしょう。
持っている土地の一部なり全部を売却してその売却台で別の土地を買ったりとか土地の一部の売却をした代金でそこに建物を建てたり、ということが不動産資産を増やすことにはとても大事です。
但し、やはりその土地にあった活用法があるのであれば売却して云々とするよりもよいことが多いです。
基本的によい財産の一つになり得る可能性が高いということは確かです。
ですが土地があるからといってその土地を必ず利用しなければならないのかというとそうではなく売却して別の土地にするというようなやり方もできるわけですからかなり柔軟性の高い投資資産であると言えるでしょう。

Page Top